令和5年度 技術普及講習会(情報技術)「(全3回)論理的思考によるAIツール活用実習」のご案内(デジタル実装支援に係るデジタルものづくり中核人材育成事業)

 近年、機械学習やディープラーニングなど、様々なところでAI(Artificial Intelligence、人工知能)技術が活用されるようになってきました。また、Chat GPTに代表される生成AIについても、活用が模索されるようになってきています。

 そこで、今回、AIについて、事例や実習を通して習得することを目的とし、株式会社ワイズ・リーディングから講師を招き、全3回の講習会を開催します。1回目は、AIに関する基本的な知識と論理的思考方法、最新技術についてご紹介します。2回目は、AIツールによる画像解析と時系列データのプログラミング実習を行います。3回目は、社内DX化を想定した生成AIツール等の活用実習を行います。
 すべて参加頂くことが望ましいですが、興味を持たれた回のみ参加でも構いません。AI技術に興味があり、体験してみたい方は、この機会にぜひご参加ください。

1 講習会名

令和5年度 技術普及講習会(情報技術)
      「(全3回)論理的思考によるAIツール活用実習」
      (デジタル実装支援に係るデジタルものづくり中核人材育成事業)

2 日 時

(1回目) 令和6年(2024年)1月30日(火) 14:00~17:00
(2回目) 令和6年(2024年)2月13日(火) 14:00~17:00
(3回目) 令和6年(2024年)2月27日(火) 14:00~17:00

3 場 所

熊本県産業技術センター 大会議室 および オンライン

4 講習会の内容


(1回目)論理的思考、最新技術について
  ・プログラムについての基礎的な講義
  ・最近のAIツールの紹介(活用事例等)
(2回目)画像解析、時系列データについて実践
  ・AWSやOpenCVによる画像解析
  ・Googleコラボによる時系列データ解析
(3回目)社内DX化に向けた取り組み
  ・ChatGPTの活用
  ・Notionの活用
  ・Nottaの活用
※ネットワーク接続と外部記憶媒体(USBメモリ等)が利用できるノートPCをご持参ください。(Macでも参加可能ですが、動作検証はWindowsのみとします)
※オンライン参加の方は講演の配信のみとなります。実習においてはサポートができませんので、予めご理解ください。
講 師  株式会社ワイズ・リーディング 菅原 学氏、橋爪 惇氏

5 対象者

県内企業技術者

6 定 員

会場 各回15名程度(先着順)

7 参加費

無 料

8 主 催

熊本県産業技術センター、熊本県産業技術振興協会 ものづくり専門部会

9 問合せ:熊本県産業技術センター 黒田、道野

Email lecture-20240130@kumamoto-iri.jp
電 話 096-368-2101

10 申込み

以下の内容をメールにて申込みください。
申込先 lecture-20240130@kumamoto-iri.jp
 ■□■----------------------------------------------------------■□■
  令和5年度 技術普及講習会(情報技術)
  「(全3回)論理的思考によるAIツール活用実習」
  組織名 :
  氏 名 :
  メールアドレス:
  参加回 : 1回目・2回目・3回目 (参加する回のみ残してください)
  参加方法: 現地 ・ オンラン(どちらか1つを残してください)
 ■□■----------------------------------------------------------■□■

申込締切 (1回目)1月26日(金曜日)

     (2回目)2月 9日(金曜日)

     (3回目)2月22日(木曜日)

熊本県産業技術センターを利用したいときは?

ご利用ガイド」ページをご覧下さい。県内企業の皆様のニーズに対応する様々なメニューをご用意しております。