第一回材料・地域資源専門部会講演会
〜機器分析技術の講義及び熊本地域の大学・高専、公設試からの技術シーズに関する講演会の開催について〜(案内)

 時下、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
 日頃より熊本県産業技術センターの活動にご協力いただき感謝申し上げます。
 このたび、県内企業の育成・促進を目的として、2件の講演を企画しました。第一部の講演としまして、熊本高等専門学校の若杉玲子准教授を招聘し、「地域特産品の活用に向けた取り組みの紹介」に関する講演を行います。第二部の講演としまして、サーモフィッシャーサイエンティフィック(株) 春井 里香氏を招聘し、「FT-IRの測定手法の基礎および異物分析テクニック」に関する講演を行います。なお、今回は下記のとおり、オンラインで開催させていただきます。
 皆様方におかれましては、ご多忙中とは存じますが、ご参加いただきますようご案内申し上げます。
                     記
1 日時 令和4年(2022年)4月28日(木) 午後1時10分〜午後3時00分
  アクセス可 午後0時30分〜)

2 場所 Zoomによるオンライン開催
 開催2日前までにセミナー参加用リンクをご登録のメールアドレスに送信します。
 当日は上記日時にリンクよりご参加ください。

3 演題および講師
第一部 特別講演 
午後1時15分〜午後1時45分
講師:熊本高等専門学校 熊本高専拠点化プロジェクト系 准教授 若杉 玲子 氏 (博士(工学))
演題:地域特産品の活用に向けた取り組みの紹介
要旨:熊本県は豊かな自然に囲まれ、農海産物のほか天然資材などの数多くの特産品がある。
中には、さらなる有効活用や高付加価値化が期待できる。今回は、その取り組みについて紹介する。

第二部 特別講演 
午後1時55分〜午後2時50分
講師: サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社 
MSD事業本部 分光分析アプリケーション部 春井 里香 氏
演題:FT-IRの測定手法の基礎および異物分析テクニック
要旨:赤外スペクトルを解析することで分子構造情報が得られる特徴を生かし、FT-IRは異物分析や品質管理、研究開発などのさまざまな分野で活用されている。また赤外スペクトルを用いて成分同定を行う際、異物分析の解析で悩むことも多いが、少し工夫することでわかりやすい結果が得られることがある。本セッションではFT-IRの原理および代表的な測定手法とその特徴について紹介し、解析に悩んだときに活用できるヒントをご紹介する。

4 参加費 無料

5 申込方法:別紙の申込用紙に必要事項をご記入の上、令和4年(2022年)4月25日(月)までにe-mailで担当の堀川までお申し込み下さい。
 開催環境の関係上、定員を60名(先着順)とさせて頂きます。お早めにお申込み下さい。

6 申し込み先
 熊本県産業技術振興協会 材料・地域資源専門部会事務局
 熊本県産業技術センター 材料・地域資源室 堀川 真希
 Tel 096-368-2101, e-mail: m-horikawa[@]kumamoto-iri.jp  [ ]を外してください。

参加申込書(クリックしてダウンロードする)

熊本県産業技術センターを利用したいときは?

ご利用ガイド」ページをご覧下さい。県内企業の皆様のニーズに対応する様々なメニューをご用意しております。